美容のために質の良い睡眠を

睡眠は美容にとって重要な意味を持ちます。時にはどんな高級な化粧水よりも、眠りが肌に良い影響を与える場合もあります。熟睡できなかった次の日は、お肌の調子が悪いと感じる人も多いはずです。美容にお金をかけているのに、あまり効果が感じられないという人は、自分の睡眠を見直してみるのも一つの手でしょう。

しかし、やみくもに睡眠時間をとれば良いというわけではありません。寝ている間に私たちの肌は新しい細胞をつくり、生まれ変わろうとします。そこでかかせないのが成長ホルモンの分泌です。この成長ホルモンは眠り始めて3時間くらいの、深い眠りの時に多くつくられます。

大切なのは長い睡眠をとることではなく、質の良い深い眠りをすることです。夜の10時から2時までは、肌の生まれ変わりが活発になるお肌のゴールデンタイムです。この時間に深い眠りをすることが、美容のためには効果的と言えるでしょう。深い眠りをとるためには、寝る前に強い光を浴びないことです。

強い光は脳に刺激を与え、質の良い眠りの妨げになります。深い睡眠をとるためには、証明は暗めにし、寝る前のパソコンやスマートフォンは控える必要があります。どうしてもパソコンやスマートフォンを使う必要があれば、エコモードやナイトシフト機能を利用し、できるだけ強い光を浴びない工夫が必要です。またコーヒーなどに含まれるカフェインも眠りの妨げになります。

就寝前は控え、代わりに牛乳などのあたたかい飲み物を飲むと寝付きやすくなります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.