sfaツールを導入する目的とは

sfaは企業の営業部の活動を支援するツールです。導入する目的は究極的には会社の競争力を高めること、つまり売上を向上する、営業活動の効率化、営業のノウハウを属人的なものでなく全ての営業マンが共有でき、業務の標準化が図れることです。営業マンにとって、顧客情報は欠かせないです。自社の商品を利用してくれる顧客に対してはアプローチすれば成約につながる近道となります。

そして、営業マンがどのように活動したのか、進捗はどうだったかなどをsfaに入力しておけば、その情報を解析したレポートを得られ分析をすることもできます。sfaから導かれた結果は、今まで気づかなかった問題点を把握することができ、改善することもできます。営業部全体の業績の底上げに寄与します。またSFAは営業活動を見える化することでプロセスを最適化するサポートツールです。

また、営業活動においては、各営業が日報などをまとめ、各自のパソコンの中で各々が管理していました。個人の実績やノウハウだけを共有できていないため、せっかくの成功事例などを他の営業マンが知ることはできませんでした。しかしsfaを利用すれば、全営業マンの営業活動が一元管理されますし、顧客情報との連携をとることもできるので、効率的な営業活動を把握できるツールとなります。情報を共有することで、例えば担当営業マンが不在の際でも、他の営業マンが対応でき、顧客満足度を高めることができます。

sfaのツールのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です