営業に使えるsfaツール

sfaとは、セールス・フォース・オートメーションの略で、営業活動のサポートと効率化を目的にしたツールです。顧客情報をはじめ、営業に関する情報や記録を管理し、過去の案件や現在行なっている案件の進捗状態などを確認することができます。sfaツールを活用することによって、部内全体で情報を共有することにつながります。ただし、sfaツールを使いこなすには、様々なポイントを押さえる必要があります。

重要なのは、使う従業員が使いやすいかという点です。デザイン性に優れているツールなども多いですが、誰でも使って使いやすいものであれば作業も効率的に行えます。データの入力が面倒くさかったり、多機能で使わないけれど価格が高いものは使い勝手が悪いため注意が必要です。導入するのであれば、直感的に使いやすいものを選ぶように心がけます。

多機能で高性能であっても簡単に使えなければ、導入コストがかかるだけで役に立たないものをなってしまうため、多機能性やデザイン性だけで選ばないようにします。人工知能が搭載されているものも便利です。企業のデータベースの中から過去に対応した類似案件から効果的なアクションなどを探すことができれば、管理者だけではなく現場で営業活動する人にも役立ちます。シェア連携で入力作業の負担を最小限にするのも、業務を効率化させるには効果的です。

使っているカレンダーなどを連携させれば、スケジュール管理も容易になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です