sfaツールは営業活動の強化を図れる

企業にとって売上や利益を上げることは企業の成長を支える上で最も大切な目的です。業務にあたるのは営業マンです。営業マンの生産性を向上させ業務改革を図れば、無駄な業務を排除でき、営業に必要な情報を共有することにより、ターゲット顧客に容易にアプローチし、会社の競争力を高めることができます。そこで利用するツールがsfaです。

sfaは営業支援システムのことで、営業部門の情報や業務プロセスを自動化することで、営業活動を効率的にするデータを蓄積し分析することができるツールです。sfaが昨今注目されている理由は、経済の不況、市場の停滞などにより従来から取引のあった取引先との関連性が薄れてしまっていること、営業マンの業務範囲が広く、きめ細かい顧客対応ができないことなどです。sfaは、まず顧客の情報を管理します。名前や顧客の業績、人事情報、担当者の性格などを一元管理するのです。

その情報をもとに営業活動をすれば、顧客の要望を満たす活動ができるのです。そして、営業活動の進捗状況などを管理することができます。営業マンがどのような方法で見積もりはどのタイミングで提示し価格はいくらか、最終的に受注した条件は何かなどの情報を活用でるツールです。また、予実管理をすることもできます。

蓄積されたデータをもとに、担当者別案件別など豊富なデータをもとに予算と実績を比較して達成状況を見て、その後の効率的な営業活動の指針を与えてくれるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です