導入前に知っておきたいsfaツールの基礎知識

sfaは「SalesForceAutomation」の略称であり、日本語圏では営業支援システムと翻訳されています。文字通り企業の営業部門をサポートするツールであり、情報の入力・集積や業務のプロセスを自動化するのが主な働きです。さらには集積した情報を管理してデータ化したのちに、sfaの機能により蓄積および分析を可能とします。多くの企業からsfaが注目を集めるに至った理由は、国内経済の長きにわたる不況と市場の縮小によって従来の営業スタイルから変化せざるを得なかったことです。

営業職は特に属人化が進みやすい部門であり、それが事業の成長の足かせとなりがちでした。これらを解消し、営業プロセスを最適化して業務を効率良くこなせるのがsfaツールという訳です。ツールに備わっている機能の1つに、顧客の基本データを管理するものが含まれています。顧客の名前や連絡先といった基本情報に加えて、担当者や商談履歴・名刺管理といったように営業活動の可視化に役立つ機能です。

案件ごとに進捗や詳細な情報を管理する機能も、営業活動の効率化に有用です。その案件に携わる担当者や顧客、進捗度合いや見込み確度などの情報を記録して部署内での共有を容易にします。営業担当者の動きを記録する、行動管理機能もメインのうちの1つです。訪問回数やアプローチなど担当者のアクションをはじめ、提案した商材の数や受注率などを管理できます。

このデータを基に提案内容を吟味できたり、上司が社員を評価する際にも役立ちます。日報や週報といった、レポート作成をサポートする機能も有用です。定型化されたフォーマットに情報を入力するだけで報告業務が終わるため、作業の効率化に加えて生産性の向上にも繋がります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です