sfaツールを導入する目的は

sfaは企業の営業部の活動を支援するツールで、売り上げや利益の向上をすることで会社の競争力を高めることができます。具体的には、営業活動の実績などを入力することで、各々の営業マンの頭の中にある属人的な経験や実績を、全ての営業マンが共有することにより、業務のマニュアル化ができることです。詳細な顧客情報を得た上で営業活動をすれば成約率を高めることができます。自社の商品のファンに対してアプローチをするのですから実績は上がりやすいです。

そして、個々の営業マンの活動実績をsfaツールに入力し、データが蓄積されることにより、AIがその情報を解析、分析をして活動指針を導いてくれるのです。sfaの情報は、これまで全く気付かなかった営業活動の不備を把握することができ、改善する方向性も見えてきます。そして改善を重ねて、より良い営業活動につなげることができます。営業マンは日報を書くことを義務としているケースが多いです。

個々のパソコンで入力した活動実績は、オープンになっておらず、暗黙知となっているケースが多く効率的ではないです。しかし、sfaツールを活用すれば、ノウハウの蓄積ができビッグデータをシステムが解析することにより、営業部全体で売上や利益のアップを実現できるのです。情報を共有することにより、担当営業マンが不在の場合でも、誰でも対応できるような体制を作ることも可能で、顧客満足度を向上させることができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です