導入する企業が増えているsfaツール

日本では、便利なsfaツールを導入する企業が増えています。sfaは営業支援システムとも呼ばれ、様々な特徴を持っています。営業に関係するデータを一元管理して、営業活動の効率化を図ります。営業活動の進捗状況や顧客情報の管理などを支援するシステムは、組織の強化に繋がります。

sfaツールは共通のシステムを使って必要な情報を管理するため、報告業務も円滑に行えます。営業の担当者によって持っているノウハウや情報が異なると、活動に無駄が出やすくなります。sfaツールを導入すれば、様々なメリットを得られます。顧客のデータベースを構築すれば、退職や移動などで担当者が変わっても引継ぎがスムーズに終わります。

営業の情報は顧客データと密接に関わっているので、前任者の商談履歴を簡単に把握できると、機会の損失を防ぎます。取引がない休眠状態の顧客も見つけやすく、具体的なアクションを取りやすくなります。社員の営業プロセスが明確になると、営業活動を戦略的に行えます。現場のマネジメントを含む全体の情報を共有すれば、営業の戦略を立案しやすくなります。

営業の部署では、事前の目標に対する達成状況を常に把握しています。営業を担当するスタッフは現場で目標を確認し、必要な場合は社員同士で助け合えます。sfaツールを使うと、過去のデータを欲しい時に抽出できます。拠点が多い企業でも情報の共有が簡単なので、煩わしい業務の効率化が図れます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です