営業支援ツールのSFAの略語について

営業支援ツールは、営業が効率的に業務を行うようにできる無駄を省いてスピーディーな対応を取ることができるなどツールの導入を検討されている企業も多いことでしょう。企業の中には業務の中無駄が発生するケースがありますが、その無駄な業務の中でも多いと考えられることが名刺管理です。名刺は営業マンが顧客と交換する以外にも他部署の担当者が同じ顧客と交換することもあります。この場合、社内では営業スタッフと他部署のスタッフが同じ顧客の名刺を企業内データベースに登録することになり、個別にデータベースを運用している場合には入力の二度手間などのケースも少なくありません。

このような無駄を排除できるのも営業支援ツールの魅力の一つでもあり、営業支援の名が付いているけれども企業内の業務の無駄を排除できる強みやメリットがあります。この営業支援ツールはSFAなど略語で呼ばれることも少なくありませんが、SFAはセールス・フォース・オートメーションの略語で営業活動自動化などのように直訳ができます。営業の成果を向上させるためのシステムであり、営業活動全体のプロセスを可視化してデータ化ができる。これは一般的に目に見えるような状態になることを示す「見える化」が実現するなどの意味になるわけです。

蓄積が行われたデータを分析して営業組織の課題を発見するときに活用したり、新サービスや商品の企画を行ったり戦略の立案など営業支援ツールが役立つ存在になってくれます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です