情報共有に利用されているsfaとは

古くから行われていた営業活動では営業社員にすべてを任せ、顧客についての情報もそれぞれの社員が自分で管理する方式が一般的でした。社員数が多い企業であっても旧来からの方法をなかなか変えることができず、顧客や取引先の情報は営業社員だけが詳しく知っているという例も多いはずです。しかしこの方式は社員の能力や人当たり次第で担当先と綿密な関係を築ける一方、その社員が退職してしまうとすべてを一気に失うなどのリスクがあります。取引先の担当者がどんな人物なのか、どのようなニーズがあって案件の進捗はどの程度まで進んでいたのかなどの詳細はすべて判らなくなり、交渉は途中で頓挫してしまうでしょう。

sfaとはこういった事態を避けるためにも利用されており、大企業はもちろんのこと中小企業でも導入が進んでいます。sfaとは様々な機能を搭載しており、営業活動の支援を行いながら情報の管理や蓄積が可能です。sfaとは営業部門を支えるだけではなく、顧客とのやり取りが途切れないようにサポートすることも可能です。共有された情報により丁寧な交渉を続ければ、契約を得て部門の成績を上げることもできるようになっています。

これまで担当社員しか知らなかった情報も随時に入力しておくことで、部署や社内での共有を簡単に行えるようになります。もしも担当社員が急に退職したとしても、システム上に残された情報から案件をそのまま引き継ぐことができるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です