sfaとは何なのだろうか

sfaとはセールスフォースオートメーションの略で、日本では営業支援システムと呼ばれる事が多く、テクノロジーを活用して営業活動全体の生産性を高める手法や、その生産向上を実現する手段の事を言います。営業の人達が商談の過程において得た顧客の情報をsfaに記録する事で、適切なアタックが実現でき顧客情報の共有や管理が可能になるので、営業担当者同士での引継ぎがスムーズになります。従来は人を頼りにしていた営業活動を組織的に行える様にする事で、組織全体の営業力強化を叶えてくれるのです。案件の担当者や取引先企業や提案サービス、営業フェーズといった案件の基本情報を管理し、訪問の目的や過去の商談の内容や商談の進歩状況等の商談に関わる詳細の情報が管理されます。

営業活動履歴を記録する事で他メンバーの活動状況や案件や商談の進行度を把握できる様になり、レポート機能を用いてグラフ表示すれば直感的に方法が得られて、自社の現状や目標が1目で把握できるのです。sfaとは、なぜ自社に導入の必要性があるのかという事を、明確にさせる成功への第1歩を指示してくれています。sfaとは効果も指示されているようで、営業活動の生産性を上げる事で、最終的には企業の売り上げや利益アップに寄与する事で多大な効果が上げられています。各営業メンバーが自分の営業過程を見直したり、メンバー間で営業の推進に関する情報を共有する点等も、新たな戦略になっている様です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です