sfaとは営業業務を効率化させるシステム

sfaとはセールスフォームオートメイションの略で、AIを活用した専用ソフトを用いることで営業データを可視化する仕組みのことです。これまでの営業職は空いている人に依頼をして、関係する会社に出向いて仕事をするという形になります。この方法の良さは空いている人間に次々と依頼を任せることによって、効率よく営業周りをすることができるのです。しかし従来のこのやり方は、最近の研究により非効率性が高いことがわかってきます。

空いている人間に任せるため、任された人の仕事が膨大となり負担が増加してしまうのです。そのほかに担当している人が病気やけがをしてしまったときには、周りの人に情報が共有されていないので簡単には引継ぎができないというデメリットもあります。そのため病気やケガそして冠婚葬祭による休暇などが起きると、営業効率が圧倒的に悪くなってしまう理由です。そこで病気やケガそして急な休暇を取った時でも、これまで通りの仕事をこなせるようにするのがsfaの役割です。

この仕組みとは、企業内に独自ネットワークを設置しそこに情報端末をすべて共有します。共有された情報はパスワードを入力すれば、現状の営業職に就いている人の仕事内容を把握することができるのです。このsfaを取り入れるメリットとは、担当者がいなくなってもこれまで通りに営業効率を維持するだけでなく負担軽減ができる点になります。営業職は営業先に出向くだけでなく、情報の作成や出張計画など多岐にわたって行う必要があるのです。

そういった営業における負担を軽減するのに、sfaをうまく活用することでそのほかの人が代行してくれるので負担軽減につながります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です