sfaとは社員の行動の可視化に役立つ

スムーズに営業活動を行うためには、上司や同僚など部門のサポートが必要です。世界的にも導入が進むsfaとは、営業活動の支援を行い、各種情報の管理や蓄積、データ分析にも対応したツールです。導入によって多数のメリットを得ることができるため、日本国内でも普及が進んでいます。それではsfaとは具体的にどのようなツールなのでしょうか。

sfaとは営業の可視化を進め、これまで外部からは見えなかった部分を明確に表示することができます。例えば社員が外回りに出かけた場合、どのような経路を通って取引先にどの程度滞在したのかを知ることができませんでした。外回り中の社員の行動は社員自身のモラルに任せるしかなく、時には問題が発生することもあります。もちろん多くの営業社員は積極的に業務を進めますが、行動の把握が必要な点は取引先でブッキングなどを起こさないためにも必要でしょう。

ツールを導入することで社員の行動が可視化され、誰がどこにいるのか判りやすくなります。外回りの回数や時間、取引先との交渉などはツールにデータとして残されるため、査定にも利用することができるでしょう。思いもかけなかった社員が積極的に活動しており、部署内でもっとも高い成績を出していたことが判るようになるかもしれません。sfaとは他にも多数の機能を搭載しており、案件の管理や営業戦略の立案、ターゲットの選定など多彩な業務に活用されるツールとなっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です